drt

日本DRT協会のメルマガ記事

私はDRT協会のメルマガ執筆者の一人です。

約2ヶ月毎に記事を投稿しています。

 

日本DRT協会HP

第20回

 

なぜDRTは患者に共感してはいけないのか?

 

 

 

                

                ※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

 

第19回

 

【写真アリ】

DRTエネルギーはペットにも効くのか?

 

 

 

                

                ※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

 

第18回

 

【ビデオ指導】寝たきり、うつ伏せになれない患者さんのDRT

 

 

 

                

                ※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

 

第17回

 

【無料】

DRTマスターレベルの極意を公開します。

 

 

 

                

                ※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

第16回

 

三大指標の精度が劇的に高まる!

僧帽筋の触れ方とは?

 

 

 

 

 

                

                ※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

第15回

 

【画像あり】

あら簡単!患者さん指導の成功テクニック

 

 

 

                

                ※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

第14回

 

DRTエネルギーの絶大な効果!

臨床事例10連発

 

 

 

                

                ※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

 

第13回

 

患者さんをファン化させる三大指標の”使い方”

 

 

 

 

※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

 

 

 

 

第12回

 

【必見】

DRTで劇的な成果を出す”学び方”とは?

 

 

 

 

               ※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

 

第11回

 

なぜ、DRTこそ訪問マッサージに最適なのか?

 ”私がDRTをお勧めする理由”

 

 

 

※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

 

 

 

第10回

 

ベッドより簡単?

 “床でのDRT”成功のコツとは(後編)

 

 

※写真をクリックすると記事に飛びます。

第9回

 

ベッドより簡単?

 “床でのDRT”成功のコツとは(前編)

 

 

※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

第8回

 

【臨床報告】80代女性パーキンソン病患者さんが劇的改善

 

- 原題は「パーキンソン病の一症例」ですが編集で変えられました。

指定難病であるパーキンソン病が劇的に改善したという表現は、

私の意に沿わぬものである事をお伝えしておきます。-

 

 

  ※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

 

 

第7回

 

【DRTクレニアル】80代 半身不全麻痺の患者さんに好かれた理由とは?

 

 

  ※写真をクリックすると記事に飛びます。

 

第6回

 

DRTクレニアルの臨床結果を報告します。

 

 

  ※写真をクリックすると記事に飛びます。

第5回

 

【成功事例】

私の身体はもうこれ以上良くなりませんか?

 

 

                ※写真をクリックすると記事に飛びます。

第4回

 

DRTセミナーの価値を最大化する7つの方法

 

 

                ※写真をクリックすると記事に飛びます。

第3回

 

【画像あり】

老齢の関節拘縮もDRTなら治療効果は抜群です!

 

 

  ※写真をクリックすると記事に飛びます。

第2回

 

【臨床報告】

座位の上部頸椎直接調整法の改善事例

 

 

 ※写真をクリックすると記事に飛びます。

第1回

 

【映像あり】

DRTは仰臥位でも出来るんです!

 

 

  ※写真をクリックすると記事に飛びます。

メニュー

訪問マッサージ

DRT函館「上工の会」

東洋医学の古典に「上工は未病を治し、中工は已病を治す」と言う言葉があります。(上工=名医 中工=凡医)

「未病治 みびょうち」という言葉をご存知でしょうか?
正確には「治(ち)未病(みびょう)」

"未だ病まざるを治す"と言います。

 

東洋医学では健康か病気か(病気でなければ健康,健康でなければ病気)ではなく,健康の程度には高い状態から低い状態まであって,その程度が低くなると病名のつく状態に至るという考え方をします。

健康のレベルが低くならないように、今以上に悪くならないように、その手前で手を打つのが本当の名医であります。

 

是非、あなたも患者様・ご家族の

健康を守る「上工」になっていただきたいと願っています。

ホームセラピスト 家庭療法師

カイロプラクティック 整体

DRTセミナー DRTセラピスト 

北海道DRT 札幌DRT 函館DRT